Recent Posts/新着記事

健康や環境への配慮から、植物性の食材を主体とする“プラントベース”な食事法が注目されています。肉や魚や乳製品に頼らずとも「おいしい」料理を作る知恵は、世界各地に存在します。身近なレシピからおいしくプラ...
Read More ...

ノンアルコール(ノンアル)飲料の人気が全米で急上昇中だ。2020年春のコロナ勃発後、6カ月でノンアルビールの売上げは38%増、さらに2020~2021年の間にノンアル飲料全般の売上げが10%増*という...
Read More ...

長引くコロナ禍の影響から、健康やバランスのとれた食生活がより求められているインドで、今、プラントベースミートへの関心が高まっている。
Read More ...

“食のバリアフリー”について考えるプロジェクト。健康上、宗教上など様々な理由で生じる食の障壁をなくし、皆でテーブルを囲むにはどうすればいいのか? 制限や制約を背景も含めて理解しながら、実践的なレシピを紹介します。
Read More ...

クレール・エイッツレー(Claire Heitzler)は、「リッツ・パリ」、「ラデュレ」などでシェフパティシエを務めたフランス屈指のパティシエール。2021年11月、パリの隣町ルヴァロア・ペレに、満...
Read More ...

スーパーで商品を手にした時、原材料が記載されているのは当たり前の光景だ。そこにカーボンフットプリント(以下CFP)――調達・生産・流通・廃棄・リサイクルまでにどれほどのCO2が排出されているのかを示す...
Read More ...

乾物や漬物など、常温で長期保存でき、ビタミンやミネラルなど栄養価も高い食材は、備蓄食品にも向く優れもの。普段から食事に取り入れ、使い慣れることで、「いざという時に賞味期限が切れていた」「食べ慣れない味...
Read More ...

昆布、海苔、わかめ、ひじき、寒天……日本には世界に誇るべき海藻食文化があると私たちは思っている。「でも、そこで止まっている。そして、そこに留まっていられない現実がある」と友廣裕一さん。彼がオーガナイズ...
Read More ...

塩蔵、乾燥、発酵・・・調理メソッド&テクニックを身に着けて、普段買っている食べ物を一から作ってみると、自分で味を作る喜びや安心感を得られます。天日に干したり、発酵させたり、自然の力にゆだねるレシピは、...
Read More ...

日本各地に残る保存食、発酵食、郷土食に食べつなぐためのサバイバル・テクニックを探る連載。熊本で古くから保存食として親しまれ、災害時の非常食として新たに見直されている、熊本の「焼き米」の作り手を訪ねます。
Read More ...

“食のバリアフリー”について考えるプロジェクト。健康上、宗教上など様々な理由で生じる食の障壁をなくし、皆でテーブルを囲むにはどうすればいいのか? 制限や制約を背景も含めて理解しながら、実践的なレシピを紹介します。
Read More ...

乾物や漬物など、常温で長期保存でき、ビタミンやミネラルなど栄養価も高い食材は、備蓄食品にも向く優れもの。普段から食事に取り入れ、使い慣れることで、「いざという時に賞味期限が切れていた」「食べ慣れない味...
Read More ...